LF2400h-EW
LF2400h-EW
LF2400h-EW
LF2400h-EW
LF2400h-EW
LF2400h-EW

LF2400h-EW

40,480
(0point)

↑ ↓

最大光量2400ルーメン、操作しやすい回転スイッチで12段階の光量調整が可能。光学設計されたドームレンズの採用により、水中での照射角は超ワイド100度。広角撮影に余裕のスペックを有します。ドラム式のカートリッジを採用することで、単三形電池6本を電源としながらも、携行しやすいサイズを実現。広範囲を照らすハンドライトとして、アームに接続して撮影の光源として、強力な光源が幅広く活躍します。


「LF2400h-EW製品詳細リンク」
 



 



【動画撮影・写真撮影に最適な高演色・高色温度LED搭載】
色再現性に優れた高演色LED(Ra90)を搭載し、色が失われやすい水中でも被写体の色を忠実かつ鮮やかに記録できます。
色温度は6500Kと高色温度に設定することで、白色を忠実に再現することが可能となりました。
また、ストロボを併用した撮影の際にもライトの色温度が低すぎると、ライトとストロボの色温度の差で
色にムラが出てしまうことがありましたが、このライトは色温度を高くすることで大幅に改善しました。


【12段階の光量調整機能】
細かな光量調整により、被写体や環境に応じて、最適な光量で撮影が可能です。
バッテリーボックス後端の回転スイッチで、電源ON/OFFと、[Fullモード]/[Lowモード]の切り替え。ライトヘッド側の「セレクターリングLF」(赤いリング状のスイッチ)の操作により、Fullモードで6段階、Lowモードで6段階の、計12段階の光量調節が可能です。
最大光量は、Fullモードの光量6で2400ルーメン。Lowモードは、Fullモードの約-1.5EVの光量。「セレクターリングLF」1段階の光量差は、Fullモードで約1.0EV、 Lowモードで約0.9EVになります。
水中での照射角は、超ワイド100°。ライト前面に光学設計されたドームレンズを採用することで、LEDモジュールからの照射光を、明るさを損なわずに、水中で効率よく広げることを可能としました。また、照射範囲境界のなだらかな美しいグラデーションと、中心ホットスポットを抑えたムラが少ない配光パターンは、動画撮影に最適です。




 

【汎用性の高い単三電池駆動】
一般的で入手しやすい単三形電池6本を電源に採用。「eneloop」や「eneloop pro」等の対応充電池を使えば、充電器をストロボと共通で使うことができ、荷物の軽減や使い勝手の向上に役立ちます。「eneloop pro」充電池使用時の実用点灯時間は、Fullモードの光量6(最大設定)で約45分、Lowモードの光量1(最小設定)で約3,185分(53時間05分)の連続点灯(*)が可能です。
(*)eneloop proを使用して、25℃の水中で点灯した場合。 点灯開始直後の明度が半分になるまでの平均時間。


 


付属の「ライトカッター・LF-EW」は、遮光板が周辺光の一部を遮ることで、極めて広い照射光がカメラのレンズ付近を直接照らすことを防ぎ、フレアやゴーストを低減します。ライトヘッド前面に装着し、遮光板が360°自在に回転します。
ライトヘッドや電池ボックスは、耐久性に優れた耐蝕アルミ合金製。シンプルな構造で、可動部にはダブルOリングを採用し、耐圧水深は120m。さらに、スイッチ部と電池セット部を独立させ、スイッチ部には回転止めを備えることで、スイッチの緩めすぎが原因で水没するといったことはありません。
ライトヘッドや電池ボックスの電気接点に金メッキをほどこし、通常の使用では、基本的に接点のメンテナンスフリーを実現しています。